2020年オリックスの株主優待、天狗ハムが届きました♪

今年は天狗ハムをチョイス。

オリックスさんのふるさと優待、一昨年、昨年と続けて牛タンを選びましたが(オリックスの株主優待「牛タン」の実質価格は?)
今年は石川県の天狗ハムのロースハムと鴨ハム・ウィンナーセットにしました。

ハムの優待はカタログに他にも3つ(天狗ハム入れて4つ)あったので悩むところでしたが、鴨ハムの珍しさが決め手となって、こちらに。

小さな箱で届きましたが、開けてみるとずっしり入って今年も「いいんですか、こんなに💦」と思ってしまうほど。

今年もいやらしく計算してしまうと

白山ロースハム350g      1703円(以下全て税込)
レモン&パセリウインナー142g 432円
ガーリックウィンナー142g   432円
合鴨ハム175g         1080円
(天狗ハム通販サイトより同商品・類似商品で照会)

の計3,647円相当でした。

ありがたや~。

早速レモン&パセリウインナーを朝食にいただきました。

普段は魚か卵でウインナーはあまり食べないので、特別感がありましたね。

茹でるだけ、っていうのがまた主婦には嬉しい(^^♪

2020年のふるさと優待Bコースより

ちなみになぜお中元にはハムなのか

さて、たまたま今年の株主優待でハムを選びましたが、

そう言えば、お中元やお歳暮にハムを贈る、っていうイメージ昔からありますよね。

あれって何で!? と思い、ちょこっと調べてみました。

すると、高級品であること、日持ちがすることがお中元やお歳暮に支持された大きな理由だということがわかりました。

年末にハムを贈ると、お正月過ぎても手軽に食べられるので、保存食としてもらう側が嬉しい、ということですね。

確かに、夏場でも切るだけで食せるタンパク質豊富なハム・ソーセージ系は嬉しい。

これからの暑い季節、暑くて台所に立ちたくない!ってときに、ささっと切ってパンにはさんだり麺類に添えたり、生春巻きに入れたりと重宝してくれそうです。

きゅうりとハムがあれば、何か乗り切れそうな気がします、夏は(そんなことはないけど)。

大人な食べ方は、薄く切ったハムにワサビをちょこっとのせるやつでしょうか。

前菜風でいいですね。

オリックスの株主優待は3年未満と3年以上でカタログが異なり、来年はランクアップする予定なので、来年も楽しみです♡