バイキングの基本知識 バイキングとビュッフェの違いって?

知って食べるともっと美味しい、バイキング料理の基礎知識をまとめました!

バイキング料理とは

バイキング(料理)とは、決まった料金で食べ放題、セルフサービスの食事スタイルの、日本での俗称です。

バイキングというと、海賊というイメージがありますが、正確には8世紀から11世紀にかけてヨーロッパ北部の海岸を荒らした北欧人のことを言うそうです。海のギャングではなく、陸のギャングですね。

日本の帝国ホテルで昭和33年に初めてバイキングの形式をはじめたときに、北欧のスモーガスボードという様式を真似たということと、当時公開されたアメリカ映画の「バイキング」の船上での食べ放題シーンに、名前のヒントをもらったとのことで、社内公募で”バイキング”に決まったとのこと。

それ以来、バイキング料理、という食事スタイルと名称が日本で広く使われるようになったんですね。

バイキング、バイキングって当たり前のように使っていますが、めちゃめちゃドメスティックな命名由来でしたね。

日本でしか通じないし。

昔、洋画の邦題になかなか気がきいて素敵なものが多かったんですが、そんな感じですね。

古き良き昭和って感じですね~

バイキングとビュッフェの違いとは

ビュッフェイメージ

バイキングと同じようなシチュエーションで使われるビュッフェという言葉がありますよね。

バイキングとビュッフェは同じ意味なんでしょうか?

同じ意味で使われている場合もありますが、違う場合もあるので注意が必要です。

ビュッフェ・・・厳密には立食形式。並んだ料理から好きなものをとって、食べるが、食べ放題とは限らない
その場にある料理がなくなったら追加などはない場合もある。フランスの言葉だが、ほぼ世界で通じる。

バイキング・・・ビュッフェ形式の食べ放題のこと。立食形式だけなく座って食べられることも多い。日本だけでの呼び名。

食べ放題かどうかが違うんですね。

パーティなどのビュッフェで、人数分の量しかないのに、他の人の分を考えず、食べ放題の感覚で好きなものを山盛りとってくるのはマナー違反というわけです。

その点バイキングだったら、食べ放題なので、同じ料理をたくさん食べてもOKですよ~。

バイキングで元がとれる食べ物は?

ビュッフェイメージ2

せっかくのバイキング、できるだけ単価の高いものを集中的に食べて、少しでも得したいですよね。

バイキングで単価の高い料理は、野菜、肉、魚で、

単価が低い料理は、ご飯、そば・パスタ(麺類)、デザート類です。

野菜は冷凍できず、鮮度を保つために大量仕入れができないので、単価が高くなってしまうとのこと。

野菜の中でも特に新鮮さを保つのが難しい葉物やトマトなどは高コスパなんですね。

ご飯や麺類は、炭水化物好きはがっつりいきたくなりますが、元をとるためには、できるだけ控えめにするのが良さそうです。

炭水化物はお腹が膨らみますからね。

そして、デザートも。

デザート類がクッキー・マシュマロ・プチシュー・プリン・チーズケーキなどなど、すごく充実しているバイキングに行くと、甘いものが大好きな人は「全種類制覇してやるぞ~」と思ってしまいがちですが、元をとるためにはNGな行為です。

 

バイキングで健康的に食べるには?

ビュッフェイメージ3

バイキングに行くとつい食べすぎてしまって、翌日は胃もたれ・・・という人も多いと思います。

食べすぎは糖尿病や高血圧症、肥満や動脈硬化を引き起こすので、なるべくなら避けたいところ。

バイキングで、なるべく体に優しく食べる方法は・・・血糖値の上昇を抑えながら、食べること。

フルコースの料理の順番が、理にかなっているので参考にしましょう。

前菜 → 魚 → 肉 → デザート (パンは魚・肉とともに食べます)

はじめに生野菜にドレッシングをかけたサラダを前菜として食べて、次にお魚、お肉、というメインを食べ、最後にデザートという順番で食べると、血糖値の上昇がゆるやかになるため、体にも優しい上に、満腹感がゆっくりくるので、比較的たくさんの量を食べられるようです。

最初にご飯ものやデザートをたくさん食べてしまうと、一気に血糖値が上がり、満腹感もすぐにきやすいそうです。

自分でフルコースの献立を作りながら食べるのが、賢い食べ方と言えそうです。

まとめ

1.バイキングとは、ビュッフェ(セルフサービス)スタイルの食べ放題の、日本独自の呼び名。

2.北欧の当時のイメージから”バイキング”と名付けられただけで、海賊とは関係がない。

3.ビュッフェは、必ずしも食べ放題とは限らない。

4.バイキングで原価が高いのは野菜・魚・肉で、原価が低いのは、ご飯・麺類・デザート類。

5.バイキングでは、サラダから食べて、徐々に血糖値をあげていく