コーヒーヨーグルトで朝のお通じまでの時間が短縮になった件。

みなさんは日々決まった時間に排便できていますか?

私はもともと便秘体質で、そのおかげで朝遅刻しそうになったり、吹き出物がひどかったり、仕事中にお腹が痛くてたまらなくなったりと、トラブル数知れず。。。

朝の時間に余裕があるときは、ほぼ必ず朝食後2時間以内には排便できるんですが、基本、朝ご飯を食べたらすぐ出てほしい。。。

色々なことを試してきましたが、数週間前からヨーグルトにコーヒーを足したコーヒーヨーグルトを毎朝食後にとることにしたら、朝食後少なくとも30分以内には90%の確率でお通じがあるようになりました。

 

コーヒー+ヨーグルトで即効性UP

朝食後にヨーグルト、という習慣を実践している人は多いと思います。

もちろん私も食べたことはあるんですが、直後のお通じはあったりなかったり。

でも、コーヒーヨーグルトにしてからは、驚くぐらいにすぐにお通じがあるようになりました。

私が食べているコーヒーヨーグルトの作り方は、

①プレーンヨーグルトを80gぐらい用意する
冷蔵庫から出したプレーンヨーグルトを、私はご飯を食べ終わった茶碗へ。お洒落さのカケラもないけど、洗い物が確実に減るので😅

コーヒーヨーグルト作り方1

 

②練乳やジャム(砂糖でも良い)をお好みで少量加える
私は大抵練乳。食べやすくするためなので、量は少なめです。

コーヒーヨーグルト作り方2練乳

③ホットコーヒー(40㏄ぐらい)を注ぐ
私はインスタントコーヒーの粉を少量入れて、熱湯を注ぎます。

コーヒーヨーグルト作り方3インスタントコーヒーコーヒーヨーグルト作り方4熱湯

というものです。

分量は、ヨーグルトがメインで、ホットコーヒーは少な目。

これを、私は1杯のホットコーヒーとともに朝食後にいただいています。

おそらくですが、たっぷりの水分と乳酸菌の相乗効果で、排便効果が高まるのではないかと思います。

まぁちょっと見た目はアレなんですが、、、

コーヒーヨーグルト作り方5出来上がり
スプーンで食べたり、時間がないときは、そのまま飲む!

 

美味しく食べるためには甘味を加えるのがポイント

ヨーグルトとコーヒーなので、味は不味いんじゃないかと思うかもしれません。

確かに、私はプレーンヨーグルトとコーヒーだけだと食べづらかったです。

でも、そこに少量甘さを加えると、ぐっと食べやすくなって、毎日続けられるようになります。

私は小さじ3分の1~2分の1程度の練乳やジャムを加えています。

練乳の理由は、ベトナム風ヨーグルトコーヒーから。

飽きるのでたまに練乳の代わりににジャムを入れたことがありますが、こちらも美味しかったです。

 

ヨーグルトが常温になるので冬でも続けられそう

このコーヒーヨーグルトの良いところは、ヨーグルトを温める手間が、ホットコーヒーを注ぐことで省けること。

特に冬は、冷蔵庫から出してすぐのヨーグルトを食べるのは体が冷えるので避けてしまうのですが、これだと冷たいヨーグルトに熱いコーヒーを入れるので冷たさが和らいで、食べやすい。

ヨーグルトを続けて食べるネックってひとつは”冷たすぎる”点だと思うので、この食べ方はそういう意味でも一石二鳥だと思います。