「ホテルJALシティ仙台」のランチビュッフェ

ホテルJALシティ仙台のレストラン「Jolie(ジョリー)」のランチがお得と聞いていたので、行ってきました!

メイン料理は10種類から選べる

こちらのランチはメインは食べ放題ではないので、まず初めにメイン料理を注文します。

日替わりランチからハンバーグ、ビーフシチュー、牛サーロインのポワレ、牛ひれのポワレなど、一見してガッツリお肉メニューが多いラインナップ(魚料理は1~2品だった気がします)。

ガッツリお肉系はちょっと・・・という人には、パスタやピザもあります。

私は1250円で、最も安く、コスパも良さそうな日替わりランチをチョイス。

 

前菜・スープ・サラダ・デザート・ドリンクは食べ放題

ホテルJALシティ仙台ランチビュッフェ台

メイン料理をオーダーしたら、あとは前菜・スープ・サラダのビュッフェ台へ。

前菜、スープ、サラダの種類は少なく、ホテルメトロポリタンの「セレニティ」のランチビュッフェよりも大分規模を小さくしたような感じ。

規模の小さいホテルで、スペースも狭いのでこれは仕方ない。

「どれを食べようかな~♡」というワクワク感はなく、陳列されている品を一通りとると、ビュッフェ台が終わってしまう、という感じ。

前菜・スープ・サラダを一通りいただきましたが、かぼちゃのスープが生クリームたっぷり?で濃厚で美味しかった他はあまり記憶に残りませんでした。

ただ、デザートはシュークリームにミニケーキにアイスクリーム数種と、けっこう充実していたようだったので、アイス好きは嬉しいと思います。

ランチバイキングではあまり見かけない?シリアルもありました。

 

日替わりランチのレベルが高い

今回、ランチハーフバイキングに行ってみて思ったのが、日替わりランチのプレートがとても手が込んでいて美味しかったということ。

豚ひれ肉のポワレだったのですが、ブルーベリーソースやパイにマッシュポテトのクリーム(紫色)が挟まれている副菜が添えられていて、オリジナリティにあふれていました。

ボリュームもしっかりあって、メインを食べ終わると、デザートに食指が動かないほどでした。

このメインだけで、その他の前菜・サラダ・デザートを抜きにしても、ここに食べに来た価値があったな、という一皿でした。

多分、その他のお肉のメニューもきっと美味しいんだろうな、と思わされます。

 

我が家の幼児には「お子さまランチ」を注文

こちらのランチはメイン料理を選ぶタイプなので、連れてった我が家の4歳児には何を食べさせようと思っていたら、ありました、「お子さまランチ」が(確か800円位)。けっこうなボリュームだったので、小学生中学年ぐらいまではOKだと思います。スパゲティナポリタンや鶏の唐揚げといったおなじみのお子さまメニューが盛り付けられていました。

まとめ

ホテルJALシティ仙台のランチビュッフェは、ビュッフェ部分の満足度はそれほど高くはないものの、メイン料理が充実していて、噂にたがわぬ、コスパの高さでした。

がっつり食べたいサラリーマンやOLの方向けのランチとして、かなりおすすめです!!