時短!我が家の簡単ポリ袋料理

ポリ袋で晩ご飯

疲れてて、料理をする気力も体力もない。。。

でも昨日もスーパーのお惣菜にしちゃったし、今日は自宅で栄養がしっかりとれるものを作りたい!というアナタ。

はい、それは昨日の私です(笑)

疲れて帰ってきても、前日に準備しておいたポリ袋セットがあれば、お味噌汁と主菜、副菜が揃った和食ごはんが作れます。

前日に準備するポリ袋夕飯セットで、当日の夕飯作りが20分でできる!

ポリ袋料理

上記3つのポリ袋(肉の下味、カット野菜、浅漬け)を前日用意するだけで、帰宅後の夕飯作りがぐっとラクになります!

ちなみに前日の準備時間は約10~15分ぐらい。

①きゅうりの甘酢漬け

2本のきゅうりを千切りにし、らっきょう酢と塩と一緒にポリ袋に入れて揉む。

冷蔵庫に入れておけば、翌日にはきゅうりの甘酢漬けが出来ている。

 

②豚のみそ漬け焼き

豚肉と、みそと砂糖と酒各大さじ1ずつをポリ袋に入れて、揉む。

冷蔵庫に入れて、翌日に油をしいたフライパンで野菜と一緒に焼く。

 

③主菜とお味噌汁に使えるカット野菜

その日ある野菜・きのこを切って、ポリ袋に入れておく。

今回はキャベツと玉ねぎ、ニンジン、しめじをカット。

幼児がいるので、野菜は食べやすいように小さめに切るのが我が家のポイント。

冷蔵庫で保存して、翌日は半分をお味噌汁の具に、半分を豚のみそ漬けと一緒にフライパンで炒める。

 

当日の調理は超カンタン♪

ポリ袋で晩ご飯

当日は、きゅうりの浅漬けをポリ袋から出すだけ、

豚肉のみそ漬けとカット野菜をフライパンで焼くだけ、

カット野菜を入れてお味噌汁を煮るだけ。

なので、一から作るのに比べて、超簡単です。

私にとって、料理のハードルは、具材を切ることと、味付けをすること。

具材を切るのは野菜だったら皮を剥いて、料理に適したサイズに切って、と面倒。

味付けも、料理の成否を決定するだけに慎重にならざるを得ず、神経を使うからおっくう。

このポリ袋調理は、余裕のある時間にこの具材を切る作業と、下味をつける作業を前もってやってしまうことができるので、実際食べる直前にやる作業が少なくて、ストレスフリーなんです。

前日に味付けをすることで、味がしみ込んで美味しくなる効果もあります。

もっとポリ袋料理のレパートリーを増やしたいと思うこの頃です。