ヨーロッパの優雅な時間が流れる「おちゃのじかんにきたとら」

ドイツ人作家ジュディス・カーの「おちゃのじかんにきたとら」は、外国の絵本ってしみじみいいな~と思わせてくれる絵本です。

ある日突然、小さな女の子のいる家にトラがやってきて「お腹が空いているから一緒にお茶をしてください」と言われる、というお話。

奇想天外な話(ファンタジー)なんですが、のほほんとした、温かいタッチの絵がとても魅力的で、私が大好きなので息子には定期的に読んでいます。

女の子や女の子のママとパパの服装や色合いがとてもお洒落で、色使いからヨーロッパの雰囲気が伝わってきます。

私がいつも感心するのは、女の子のタイツの柄や、浴室の壁の模様。日本にはない美的感覚にもあふれた本です。

読み終わった後、息子に「なんでトラさん(おちゃのじかんに)きたの?」と聞かれて、「なんでだろうね~」と答えるのがまたしあわせなルーティーンです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください