秘かに女の子待望してたけど、生まれてみると男の子が死ぬほどカワイイ理由。

息子3歳、男の子育児も4年目になりました。

子どもが産まれる前は、なんとなく女の子がいいかな、大人になっても買い物とかつきあってくれそうだし、実家に帰ってきれくれそうだし、と思っていましたが、産まれてみると、男の子が面白くてたまりません(笑)

我が家の男子あるあるをまとめてみました。

1、母親には小さいおちんちんがカワイイ(笑)

オムツ替えのときにおしっこがぴよ~と噴水のように出る、という、テレビドラマで見るような経験は、実際1度しかありませんでしたが、オムツの中でおちんちんが上向きになっていると尿漏れするため、オムツを履かせるときは、おちんちんの向きをチェックしていました。つい先日はおちんちんが丸まったままトイレでおしっこをしたため、まっすぐ便器の中に落ちず、太ももをつたって、便器の外に出てしまいました。

そうか、そういうこともあるんだね💦

おちんちんの処遇は、全くわからずパパにおまかせ。

でもなんか、カワイイ。見れるの今だけなので、さりげなく見ています(笑)

2.静かなときは、眠いときぐらい

とにかくちょこまか動いて、外だと突然興味のあるものにかけ寄り、家の中だと抱っこ~と体当たり。いつでもエネルギッシュで、まるで山猿のよう。そして、息子は口も達者で、自転車の後ろに乗っているときも、ご飯を食べているときも、一人で色々しゃべっている。今現在、静かなときは、眠っているときと、極度に眠いときのみ。本当に何も喋らなくなる反抗期がやってくるのか⁉ ←ずっとこのままでも困るけど💦

3.理屈で諭すと、わかってくれる

弾丸のような自制のきかない面もありながら、理屈を説明して注意すると、驚くほど素直に聞くことが多い。「男の子は理屈で叱る」というのを何かで読んだのでそうしているのですが、男の子脳というか、こんなに小さい頃から理屈が通じるのか、というのが驚きです。

自分が女で物事を感情的に判断することが多いからか、なんかこの理屈が通じる感じが「冷静でカッコいい」と思います。

4.母で口説く練習?

3歳半過ぎ頃からでしょうか、重い物を運んでいると「持ってやる」と言って近づいてきたり、家事が大変だと言うと「(自分の名前)がやるか?」と言ってくれたり、突然男らしい言動が出てきました。教えたり、頼んだりしていないのに、不思議です。また、「ママ、大好きだよ」「ママのことだ~い好き」とまっすぐ目を見て、たくさん言ってくれます。これ、将来女性を口説く練習かな(;^_^A と思いつつも、男の子は母親にとって小さい恋人って本当だなと思います。

これからも、男の子育児は山あり谷あり色々ありそうですが、結局息子は、いつまでも私にたくさんの新鮮な驚きを与えてくれそうです(*^-^*)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください