差別や偏見をもたない大人になってほしい! 「さっちゃんのまほうのて」

さっちゃんのまほうのて」という、先天性四肢障害の女の子が主人公の絵本を先日3歳の息子に読み聞かせました。すると、数日続けて「読んで」と持ってきました。

障害とか、難しいことはわかっていない(はず)ですが、この絵本には、物語自体に強い魅力があったようです。

差別や偏見というのは、知らないこと、知らないこと(人)を恐れる気持ちから発生していると思うので、小さな頃から、いろいろなことを知ってほしい、という思いでこの絵本を選びました。

幼稚園のおままごと遊びで「ゆびのないお母さんなんてへんだよ」とクラスのみんなに言われたさっちゃん。

普段は普通に仲良く遊んでいて、みんなも悪気があったわけではないのですが、さっちゃんは深く傷つきます。でも、お父さんに「さっちゃんの手は、まほうの手だよ」と言われて、少しずつ元気を取り戻す、というお話です。

初めに読んだときは、私がグッときて、涙をこらえながら読みましたが、読み終わったあとは、温かい気持ちでいっぱいになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください