夜、眠れない辛い咳に、ハチミツ湯♪

夜、咳が辛く眠れないときがあります。

つい最近も、アレルギーなのか、風邪なのかわかりませんが、夜寝るときや明け方に続けて出るようになってしまいました。

夜は副交感神経が活発になって、筋肉がゆるむことで気道が狭くなり、咳が出やすくなるそうです。

以下、咳が出て眠れなくて辛い!というときに私がしていることです。

ここ数日、これで乗り切っています。

横を向いて寝る

実際に仰向けと横向きと試してみるとわかりますが、横向きの方が気道が広くなるように思います。気道が圧迫されて息苦しくなるので、咳が出るときは迷わず横向きになって、息がしやすい体勢にします。

また、枕の高さも変えてみると、呼吸のしやすさが変わったりします。

お湯を飲む

昨日明け方4時に咳で目覚めたので、電子レンジで温めたお湯を飲んだら、その後は咳がピタっと止んで、8時まで熟睡できました(^^)

お湯はぬるま湯よりも、お茶を飲むときぐらいの、熱めの温度の温度の方が効くような気がします。咳が出ているような喉は、乾燥状態にあるので、保湿のために水分がいいのはわかりますが、温かい飲み物が特にいいのは、喉を温めて、血行を促進することで咳が止まる効果があるようですね。

常温の水を飲むと、保湿はされるので一時的に咳は止まりますが、その後寝ると、また咳が出ます。喉全体を温める、という意識を持って温かいお湯を、ゆっくりと飲むのがよいようです。

ハチミツ湯も効く

熱いお湯でも十分効果はあるんですが、自宅にハチミツがある場合、ハチミツを溶かしてほんのり甘くしたハチミツ湯もおすすめです。

私も咳が出てから、夜寝る前はハチミツ湯を飲んでいます。ただのお湯よりも効果が長引いているような気もするような、、、

ハチミツには、炎症を抑える効果があるんだとか。目に見える効果ではありませんが、とろっとした感触から、喉を刺激から守ってくれるような気はします。

 

あとは、眠くて、起きてお湯を準備するのが嫌!ってときは、のど飴をなめてしのぎます。口の中が甘ったるくなるのが少し気になりますが、咳の苦しみからはとりあえず一時的には解放されます。(が、その後また咳き込む可能性高し)。

マスクをして、喉を潤して寝る、というのも試しましたが、気温が高い時期は、マスクは暑くて辛い。。。冬限定ですね。

長引く咳には、根本的な解決策が必要なんですが、とりあえずはこれらの対策で、病院に行ける日までつなぎたいと思います。(これを書いているのは、GW真っ只中です💦)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください