おばさんのワンピースがだらしないのはナゼか、考察してみた。

暑くなると、ワンピースを1枚でさっそうと着てお洒落な女性を街中でよく目にするようになり、素敵だな~と思います。

一方、いわゆる中年以降の女性が、華やかな柄のワンピースを来ているのだけれど、なんだかだらしなく見えてしまうこともあります。

失礼なんですが、部屋着のようなリラックス感が出ているんですよね。

私も40代を折り返し、アラフィフ目前なので、同じ服を着ても、若者はお洒落に見えて、おばさんはだらしなく見えるということは身をもって知っています、、、それがなぜなのか、この機会にしっかりと分析してみたいと思います!

 

ウエストマークするデザインはくびれのない腰を強調する

ワンピースにはウエストが絞られていたり、胸の下で布が切り替えられていたり、ウエストマークするデザインのものがけっこうあって、そういうものは、どうしてもウエスト付近に目が行ってしまいます。

そして、注視した先にあるのが、たっぷりと脂肪がついた腰からおしり、だとすると、急に漂う生活感。。。

多分それは、家族の生活を支えてきた主婦の輝かしい勲章ともいうべきものなんだけれど、いかんせん、綺麗にすましたワンピースとの相性がよろしくない。

ウエストのくびれに自信がある人以外は、AラインやIラインのウエストを強調しないデザインの方がいいのかもしれません。

 

 

カラフルな柄はコントラストに本人がついていけていない

私が、あまり似合っていないと思ったのは、50代ぐらいの女性が、淡い黄色地に、赤や青の大き目の花が散らしてある柄のワンピースを来ているのを目にしたときでした。

年をとると、スタイルが崩れ、顔色はくすむので、コントラストが鮮やかな服をまとうと、服の持つ勢いやパワーに負けてしまうのではないでしょうか。

もちろん色鮮やかな色を着てもいいと思うのですが、それならば単色の方がお洒落に見える気がします。

実際、シニア向けのファッションのポイントとして、柄は使われている色のコントラストがあまり強くないものが、おすすめだそうです。

 

合わせる小物の選択が若者との差を開く

ワンピースは1枚でファッションが完結するので、コーディネートいらずで、楽ですよね。

ただ、中高年がワンピースを1枚で着ていて、サンダル履きだと、アイテムによっては家でくつろいでいるときのようなスタイルに、、、

若者はどうかというと、花柄のドレッシーなワンピースにキャップやスニーカーを合わせたり、意外性があったり”旬”を感じさせる小物との組み合わせをしていて、やっぱりお洒落。

自分に似合うアイテムを熟知しているか、また”旬”を自分なりに取り入れた着こなしをしているかが、ワンピースという一本勝負なスタイルだからこそ、厳しく問われるような気がします!

 

以上、素人なりに考察してみました。

社会の流行りすたりの他に、年齢とともに似合うものが変わっていく、ファッションって厄介ですよね。。。

でも、太ったり痩せたりすることで、それまで着なかったデザインが着られるようになったり、若い頃着こなせなかったけど、年をとって似合うようになってくるものもあるのも事実。

色々試して自分に似合うものを追求していきたいものです!