洗顔料をキュレルから息子と同じベビーソープにしたら手間もコストも省けた話。

私はずっと市販のメイク落とし、洗顔料を使っていたのですが、40歳になって、乾燥肌、敏感肌化が進み、肌が荒れるようになってきました。

恐らく、市販のメイク落としや洗顔料の洗浄力が強すぎて、肌に残るべき皮脂までも洗い流されてしまっているのだろう、と類推。

ちょうどその頃、ドラッグストアに行くと、花王の敏感肌向けの「Curel」というシリーズが話題になっていることを知り、まず洗顔料を使ってみました。

敏感肌用、というだけあって、確かに肌に優しい(^^♪

でも、洗顔料だけ変えても、メイク落としが肌に優しくないとな~と思い、メイク落としもキュレルシリーズを購入。キュレルの洗顔料とメイク落としを使い始めると、悩んでいた肌荒れが一気に収まり、肌に潤いが残るように!

この時点で、自分がすでに相当敏感肌になってしまっているということを実感。

過剰な皮脂分泌で吹き出物に悩まされていたかつての日々、それは若さゆえだったのね、、、

ただ、このキュレルシリーズ、低刺激でとても肌に優しくていいんですが、いかんせんお財布には全然優しくない💦

泡洗顔料150mlが約1000円、ジェルメイク落としが130グラムで約900円。日常的に使う基礎化粧品なので、使用頻度も高く、ドラッグストアで購入するたびに、高いな~と思っていました。

そして気づいたんです、敏感肌用の石鹸なら、もうすでに家にあるじゃないか!と。それが、息子用のベビーソープ。3歳になる息子ですが、ビオレなど市販の大人用ボディソープではなく、いまだにベビーソープを使っています。理由は、2歳代に、ベビーソープからビオレに変えたときに、肌が荒れてしまったからです。

やっぱり大人用はまだ洗浄力が強すぎるんだと思い、それ以来ベビーソープを使い続けています。

もともと赤ちゃんのために作られているベビーソープは、究極の低刺激なせっけんではないでしょうか!?

というわけで、息子用の「キューピーベビーソープ」(泡で出る)を洗顔料として使ってみると、ああら不思議!

潤いを残しつつ、さっぱりとした洗い心地で、キュレルとほとんど変わらない使用感でした。ちなみにこちらの値段は350mlで約400円。効果はほぼ同じで、値段は4分の1以下です。

家族で共用できるものが増えることは、家の中がすっきりすることになるし、少ない物で豊かに暮らすことにもつながります。

今回の発見は、そういう意味でも嬉しい発見でした(*^-^*)

2 件のコメント

  • はじめまして。
    自分は47歳の男性ですが、同じように敏感肌で悩んでる人がいるんだと拝見しました。
    男同士で肌の事で話す事なんてまずないので、女性と話合うんですね、先日仲の良い女性友達が来た時は「アタシより美容しているじゃない」と言われました。確かに肌には普通の女性以上に気をつけています。パナソニックビューティーのスチーマー愛用してます(笑)
    20代後半から大人ニキビに悩んでいた時に皮膚科にて洗顔の仕方、保湿の仕方などを教えてもら、以前は市販されているものがどれだけ肌に負担かけていたのかを思いました。
    ベビー石鹸と出会ったのは自分は姉がいるのですが、姉の家に遊びに行った時に、姉の肌がキレイになっていたから何気なく姉に聞くと、子供とお風呂に一緒に入って子供のベビー石鹸同じものを使っていると。
    自分も早速使ってみました。
    ベビー石鹸最高!
    これで肌の調子も悩む必要がなくなったと。
    保湿は皮膚科処方のビーソフテンとヒルドイドを使っています。
    朝は泡立てネットで洗顔、スチーマーしてビーソフテン、HABAのスクワラン。
    朝の手入れをしっかりしたら脂っぽくもなくなり快適です。
    やはりベビー石鹸ですね。

  • ホゲさま

    当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
    返信が遅くなり誠に申し訳ありません。

    同年代ながら男性から共感のコメントがいただけるとは思いもよらず、嬉しい限りです。
    そして、私と同じくお姉さまも、育児中に子どもの石鹸を使ってみて、その良さに気付かれたんですね。

    ホゲさまのお肌のケアは、女の私より、ずっと丁寧。。。
    私は今は乳液もベビー用の乳液で、その上にソンバーユを塗って保湿しています。

    お互い敏感肌とうまくつきあっていきましょう~(^^♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください