干し芋ブリスボールを作ってみた。

糖質制限を始めて7ヶ月が経過。

例年だったら非常に重い症状のカモガヤの花粉症は、今のところほとんど症状が出ていません!

このまま続けて来年も花粉症とほぼ縁のない1年を送りたい!と強く思うこの頃。

目下、糖質制限の敵は、休日です。

働きに出ている平日はいいのですが、1日家にいることが多い休日は、どうしてもおやつを食べる機会が増えてしまう。。。

さらに幼児と一緒に暮らしているため、幼児のおやつ用の糖質たっぷりの食材が身近にあるし。。。

週末や連休は仕事から解放されて嬉しいものの、糖質制限者には誘惑が多くて試練だったりします。

今回は息子のリクエストでスーパーで国産のしっとり干し芋を買ったので、干し芋を使ったブリスボールを初めて作ってみました。

干し芋ブリスボール

材料

干し芋・・・    100g

ミックスナッツ・・・100g

おからパウダー・・・30g(写真はちょっと多め)

ラカントSシロップ
またはハチミツ・・・   小さじ1(お好みで)

しっとりした国産の干し芋を使用。

 

作り方

いつも通り、フードプロセッサーでガーッと粉砕・攪拌するだけです。

干し芋は包丁で少し細切れにしました。

ミックスナッツ粉砕

 

干し芋の後は、おからパウダー

全部混ぜた後、生地を丸める前に味見をしますが、今回は生地がパサついてまとまりにくい、そして甘みが弱いと感じました。

こういう場合、少しだけはちみつを入れるのがいいです。

私は糖質制限を続けてきて、甘みが少ないことには慣れているため、あえてハチミツを加えて糖質を高めたくなかったので(干し芋自体けっこう糖質は高い)「甘くないブリスボールもありかな」と思って水を少量入れて丸めてしまいました。

味見に来た息子は予想したブリスボールと違ったのでちょっと変な顔をして「全然甘くないね~」と言っていました(笑)

ただ、そこはブリスボールなので、噛みしめるごとにナッツの香ばしさ、おからパウダーの香ばしさ(要はきなこの味)、そしてかなり遠くの方に干し芋の風味がかすかに感じられて、私は美味しかったです。

干し芋の味がきなこにかなり負けてますけどね~💦

見た目は相変わらずナンですが💦

感想

いつか干し芋でもブリスボールを作ってみたいな~と思ってはいたのですが、念願かなって今回作ることができました。

かなり水分多めの干し芋でしたが、いつも作っているプルーンに比べると、やはり伸びが足りず、粉(今回はおからパウダー)はかなり少なめにしました。

ブリスボールの基本の比率はナッツ:ドライフルーツ:粉が1:1:1なんですが、今回はドライフルーツ代わりに使った干し芋の甘みが弱かったため、必然的に粉を大分減らすことになりました。

干し芋は糖質が高い食材ですが、確かにプルーンの甘さの方がずっと強烈かも💦

粉を減らしたましたが、最終的な味には特に大きな影響はなかったです。

また、手でボール状にまとめるときは水分が足りずまとまりにくかったので、そういう場合は、甘みがない場合はシロップの甘味料を足すなり、ハチミツを足すことで、調整ができることがわかりました。

ただし、ハチミツは糖質は意外と少ないんですが、高GIなので、血糖値の上昇を気にされる方はラカントSなどの甘味料を使った方がいいかもしれません。

そのときの素材に合わせて、自分で固さや甘さを調整できるのが手作りブリスボールのいいところですね♪

←市販品のブリスボール。携帯用に良さそうです。