ジェフグルメカードを使って、外食を楽しもう!!

外食が大好きな我が家(というか私)になくてはならない、ジェフグルメカード。

主婦なので外食はちょっと罪悪感がありますが、ジェフグルメカードが家にあれば堂々といけちゃうのが不思議(笑)。

とても便利な商品券なので、ご紹介したいと思います!

ジェフグルメカードって何?

全国共通の”食事券”

ジェフグルメカードは、全国の加盟店で使用できる食事券です。

加盟店は、大手のファミリーレストラン、ファーストフード、居酒屋などの外食チェーンなど、全国約35,000店舗。

全国展開をしている外食チェーンが加盟しているので、地方でも意外と身近にあるお店で使えるのが嬉しいです。

額面金額は500円

ジェフグルメカードの額面金額は500円。

金額は少ないんですが、ちょっとお茶したい、なんてときに使い勝手がいいです。

有効期限がない

一般的な商品券と同じで、有効期限がありません。

※使いたいと思っていた近所のお店が潰れてしまった、今まで使えていたお店で、ジェフグルメカードの取り扱いがなくなった、ということで使えなくなってしまうことはあります。

おつりが出る

おつりを出してもらえる商品券は必ずしも多くありませんが、ジェフグルメカードは、おつりを出してもらえます。

そのため非常に使い勝手が良いです。

ジェフグルメカードが使えるお店は?

※ジャンル別に使えるお店を抜粋してご紹介しています。
一部利用できない店舗もあるとのことですので、ご了承ください。

和食・寿司・うどん・そば

・大戸屋ごはん処
・天丼 てんや
・リンガーハット
・うまい鮨勘
・札幌かに本家
(抜粋)

ファミリーレストラン

・ガスト
・ロイヤルホスト
・ココス
・ジョイフル
・ジョナサン
・ビッグボーイ
・南部屋敷
・ゆず庵
・夢庵
・ひな野
(抜粋)

ファーストフード・喫茶

・モスバーガー
・吉野家
・ケンタッキーフライドチキン
・サーティワンアイスクリーム
・イタリアン・トマト
・カフェクロワッサン
・WIRED CAFE
(抜粋)

宅配・持ち帰り

・とんかつ新宿さぼてんデリカ
・オリジン弁当
・小僧寿しチェーン
・ドミノピザ
・ストロベリーコーンズ
・ナポリの窯
・ピザハット
(抜粋)

私が実際ジェフグルメカードを使ったお店

お金はあまりないけど、ジェフグルメカードがあれば、充実した外食ライフが送れます💛

体験記事はコチラ!
↓↓↓↓↓
ビッグボーイで食べてほしいメニュー
焼肉きんぐのおすすめコースは、58品食べ放題コースときんぐコース、どっち?
「ゆず庵」でしゃぶしゃぶ・寿司食べ放題ランチ
宅配ピザは「ストロベリーコーンズ」が一番美味しいと思う。

ジェフグルメカードの入手方法は?

クレジットカードのポイントで交換

クレジットカードによっては、たまったポイントをジェフグルメカードと交換することができます。

私はアプラスカードを持っていますが、現在650ポイントで3000円分のジェフグルメカードと交換が可能です。

私は公共料金やネットショッピングのカード払いでたまったポイントは、ほぼ全てジェフグルメカードに交換しています。

皆さんがお持ちのクレジットカードも、ジェフグルメカードにポイント交換できるかも!?

気になった方はぜひ一度確認してみてください♪

 

株主優待でもらう

また、私は株主優待でもジェフグルメカードをGETしています。

ジェフグルメカードを優待品にしている会社は数社あって、株の購入金額やもらえるジェフグルメカードの金額はそれぞれですが、私のおすすめは、日本商業開発という会社です。

 

日本商業開発(コード3252)

株価           1,506円(2019年7月9日時点)

優待に必要な株数     300株

優待取得に必要な金額   451,800円(2019年7月9日時点)

権利確定月        3月末と9月末

優待品          ジェフグルメカード 3000円×2回(年6,000円)

 

株主優待を取得するために必要な株が100株ではなく300株で、最低必要額は約45万円と大きな金額になりますが、ジェフグルメカードが半年に3,000円ずついただけて、その他に配当金ももらえます。

不動産投資業をしている会社で、現在そして今後の業績の見通しも良好なので、しばらく安心して保有できそうです。

株主優待でジェフグルメカード500~1000円がもらえる会社はいくつかありますが、日本商業開発さんは、3000円をぽんと出してくれる太っ腹さが素敵です♪

※株価は変化しますし、配当金も優待品の内容も今後変わる可能性は十分あります。投資の際は、あらかじめ了承の上ご購入ください。

金券ショップで購入

さきほどの二つはポイントと優待でGETする方法でしたが、ジェフグルメカードを現金で買う際は、金券ショップだと、正規の金額500円より、安く購入することができます。金券ショップだと、必ずしも在庫があるわけではないですが、急に必要になったときなど、お店をのぞいてみてもいいかもしれません。

 

ジェフグルメカードを販売している加盟店や百貨店で購入

加盟店の一部(モスバーガー、ケンタッキーフライドチキン、ひな野等)や、イトーヨーカドー、ダイエー、一部の百貨店(西部百貨店、そごうなど)の商品券売場で購入できます。

 

ジェフグルメカードのサイトで購入

ジェフグルメカードのHPで直接ネット注文することができます。

送料が全国一律450円かかってしまいますが、贈り先や配達日の指定ができ、のし紙もつけてもらうことができるので、贈り物にもおすすめです。

まとめ

ジェフグルメカードは、外食が大好きな家庭にありがたい商品券です。

わざわざ購入しなくても、ポイントの交換や株主優待を利用して定期的にGETすることが可能です。

外食チェーン店で多く扱われているので、大都市だけでなく、地方でも、使えるお店は意外とあります。

お得に手に入れて、みなさんも外食生活をこれまで以上に楽しみましょう!!