一番美味しいと思う高級チョコは、ヴィタメール。

10年以上前から、高級チョコにハマっている私。

これまでに食べたブランドは、

ゴディバ
ジャンポールエヴァン
ノイハウス
ヴィタメール
フランクケストナー
パトリックロジェ
ピエールマルコリーニ
パティスリーサダハルアオキ
ドゥバイヨル

です。

セレクションボックスや頂きもので1個だけ食べたことがある、というブランドは、さらにたくさんあります。

高級チョコは、マニアからするとどのブランドも個性的で、毎シーズン新作も出るので、いくつ食べても食べ飽きない感がありますが「一番美味しい高級チョコってどこ?」と聞かれたら、やっぱりヴィタメールだろう、と思います。

ヴィタメールとは・・・ベルギーのチョコレート・お菓子のお店で、ベルギー王室御用達の老舗です。

ベルギーでのヴィタメールは、日本でいうところの宮内庁御用達、羊羹の”とらや”みたいな存在でしょうか。

高級ショコラのブランドは数あれど、私がひときわ支持するのは、以下の理由からです。

 

1.日本人の口に合っている

正直、甘さがくどくて、何か粉っぽい?感じもして、風味も何か食べ慣れない、、、”いかにも外国のチョコ”みたいな味は、いくらヨーロッパ産で高級と言われたって「美味しい」と感じません。

私にとってはゴディバがそうで、確か一番最初に食べた高級チョコレート。

今はどうかわかりませんが、初めて食べたときは「あんまり美味しくないな~ これならスーパーで売ってる安いのの方が美味しい。これなら高級チョコはもう食べなくていい」と思いました。(あくまで10年近く前の、当時の話です。)

そう思いつつも、いただきものなどでさらにいくつかの高級チョコレートを食べるうちに、その美味しさに開眼。

中でも一番ヴィタメールが、高級チョコレートは食べる価値のあるものだ、という私の価値観を決定づけました。

理由の一番はやはりその味。

ズバリ、いかにも外国のチョコレートという味ではなく、日本人の味覚に合うように作られていること。

私は店舗のない地域に住んでいるので通販で購入するんですが、16種類のショコラの詰め合わせBOXがあって、どれもハズレがないのが本当に驚きです。

ヴィタメールジャポンのHPには、ベルギー本国で販売されているラインナップに加え、日本人の口に合うように作られたオリジナルチョコレートも販売している、とありますので、この日本オリジナルレシピがポイントのようです。

日本人特有の味覚を尊重し、練りに練られたレシピだからこそ、日本人が食べても感動するようなチョコレートになっているんだと思います。

ヴィタメール外装

今年のバレンタインに購入した9ヶ入パッケージ

 

ヴィタメール9ヶ入り

ラインナップはこんな感じ。16個までは味がカブりません!

 

ヴィタメール断面図

中には濃厚なガナッシュがぎっしり。外側のチョコも存在感あります。

2.ボリュームがある

ヴィタメールのチョコレートの良いところ、2つ目は、ずばり大きさです。

ずっしりとしたプラリネチョコレートの重み・・・これは、満足感につながります。

プラリネチョコレートとは、中に詰め物をした一口サイズのチョコレートのこと。

ベルギーではプラリネ、フランスではボンボン(又はボンボンショコラ)と言うようですが、このサイズについては、各ブランドまちまちです。

えっ、これだけ?というような小さいサイズのことも多いです。

おそらく一番小さいブランドの倍の量は、あるんじゃないでしょうか、ヴィタメール。

ただ、あまり小さいと、いかに美味しいとしても、味わうことができないんですよね。。。

口の中で一瞬にして溶けてなくなってしまうので「・・・今のなんだった!?」となる。

いくら口の中で最後は溶けてなくなるチョコレートでも、”もぐもぐ”って感じができれば欲しい。

一粒400~500円位の値段を考えても、食べ応えというのはどうしても求めてしまいます。

ヴィタメールは私が出会った高級チョコレートの中でも1,2を争うぐらいにプラリネチョコレートに重量感があります。

しっかりとしたボリュームがあるので、一粒の満足感が非常に大きい。

ひと口サイズと言いながら、2口で食べるのに丁度いいサイズという感じです。

大きいので、しっかりと味わうことができますし、余韻も長く続く。

私のような庶民はついコスパを考えてしまうのですが、これは美味しいだけでなくコスパも抜群に良い高級チョコレートということができると思います。

ヴィタメールとパトリックロジェ

左がヴィタメールのプラリネ、右がパトリックロジェのドーム型ショコラ。高さが全然違います!

※パトリック・ロジェのドームの実食レポートはコチラ→パトリック・ロジェのドーム型ショコラを食べてみた。

3.通販でいつでも買える

現在、日本にあるヴィタメールの店舗は東京、横浜、千葉、名古屋、大阪、京都、神戸にしかありません。

でも、オンラインショップがあるため、店舗に行かなくとも購入できます。

私も今までに何度も利用しています。

送料はかかりますが、通年販売していて(バレンタイン時期は扱う商品が異なりますので要注意)、ヴィタメールのチョコレートがいつでも味わえるのは本当に嬉しい限り。

プラリネチョコレートはもちろん、サブレにマカダミアナッツをのせ、ベルギーのミルクチョコレートで包んだ焼き菓子マカダミアショコラも、感動の美味しさでしたよ~

→ヴィタメール公式オンラインショップはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください