カルディで買えるリンツの”エクセレンス90%カカオ”が美味!

チョコ好きなら高くても食すべし、リンツの「エクセレンス」シリーズ

リンツのタブレットチョコレート「エクセレンス」シリーズとは

外国産のチョコレートって、甘くて苦手、という人が多いと思います。

ところが、そんな方もこれだけは食べてみてほしい、それが、

スイスのチョコレートブランド「リンツ」の板チョコ” エクセレンス ” シリーズ!

私はカルディで買っています。

名前からしてもう高級感、特別感が漂いますよね。

これは、リンツが最高級のカカオを用いて作った、板チョコの最高峰なんです。

1枚518円(税抜き)とかなりお高いんですが、チョコレートを極めたいなら、これは食べておかないといけないです。

 

「エクセレンス」シリーズの種類

エクセレンスシリーズには、ハイカカオのダークチョコレートと、ダークチョコレートに果実が入ったものの2つのラインがありますが、まずはシンプルにチョコレートのみで美味しさを味わっていただきたいです。

ダークチョコレートのラインも、カカオ成分比率によって70%~99%まで5種類あります。

おすすめの選び方は・・・

ハイカカオチョコレートちょっと苦手だな、って人
または明治チョコレート効果72%を美味しく感じる人    → 78%カカオ

糖質制限したい、と思っている人
または明治のチョコレート効果カカオ86%を美味しく感じる人        → 85%カカオ

でいいと思います。

 

苦くない!リンツの90%カカオ

私はもともとミルクチョコレートが大好きで、ダークチョコレートが苦手だったんですが、糖質制限をはじめて、ダークチョコレートが初めて美味しいと感じるようになりました。

普段、常食しているのが、明治のチョコレート効果カカオ86%。

86%だと濃厚なカカオの味の奥にほんのり甘みを感じつつ、後味がスッキリして後をひかないので、いつ食べても、続けて2~3枚食べても、罪悪感がない。

そして手に入りやすくてコスパもよくて、1枚5gの糖質が1gと非常にわかりやすいのがいい。

5分の1が糖質。普通のチョコレートは半分が糖質だというので、普通のチョコレートの2分の1~3分の1の糖質量なのが嬉しいです。

ただチョコレート効果の95%は苦すぎてリピートはしませんでした。

ので、リンツのエクセレンスの90%カカオも苦そうだな~と思っていたんですが、「美味しい」と言っている人のブログを見て、食べてみたら・・・ハイ、味しかったです

そもそもチョコレート効果の86%とエクセレンスの85%が違いすぎる。

チョコレート効果86%の方がエクセレンス85%より一段苦いです。

それは1%の違い以上。

エクセレンスの方が甘み・酸味・クリーミーさを前面に感じるけれど、チョコレート効果はそれらはほとんどなくビター感が強い。

そして、エクセレンスの90%カカオは、エクセレンス85%に比べて、甘さは一段ないものの、生クリームのようなクリーミーさが口いっぱいに広がるので、特に苦いと感じないのです。

 

理由は成分比率?

ここからは私の推測ですが、リンツのハイカカオチョコレートが苦くないのは、良質なココアバターをうまく利用しているからなのかな、と思っています。チョコレート効果と食べた感じで決定的に違うのがクリーム感がある、ということなので。

ちなみに原材料名の表示は

チョコレート効果86% カカオマス、ココアパウダー、砂糖、ココアバター/乳化剤、香料
リンツ90%カカオ カカオマス、ココアバター、ココアパウダー、砂糖/香料

となっています。

やはり私が生クリームが入っているかのようなクリーミーさを強く感じたリンツの方が、ココアバターを多く使っているようです。

ココアバターって今まで意識したことなかったんですが、カカオ豆(植物)由来なのに、こんなにいい仕事するんだな~

 

今まで食べたハイカカオチョコの順位をつけてみた

リンツ エクセレンス90%カカオが1位

さて、結局私の中でのハイカカオチョコレートのランキングは以下のようになりました。
(リンツと明治しか食していませんが)

1位 リンツ エクセレンス90%カカオ

2位 リンツ エクセレンス85%カカオ

3位 明治 チョコレート効果カカオ86%

カカオ成分は70%以上をハイカカオチョコレートというようですが、基本的に自分の中ではカカオ成分が85%以上あると、いいな~と思っています。

しかしまだあまり市販品に種類はないですね。

チョコレートと名の付くものの9割近くが70%以下のチョコレートなのではないでしょうか。

 

エクセレンス90%カカオなら一度にどのくらい食べても大丈夫?

たまには高級チョコを一気食い!?

チョコ好きの夢、それは板チョコ一気食いではないでしょうか?(え、違う?)

ハイカカオチョコレートならば、どのぐらい食べても健康的に問題ないのか調べてみました。

ちなみにショートケーキ1個の糖質量は約28gだそうです。

リンツのエクセレンス90%カカオは、パッケージ裏面に1枚100gで炭水化物(ほぼ糖質とイコールと考えていい?)22gとの表示がありますので、丸1枚食べても、ケーキ1個よりは低い糖質量ということがわかりました。

糖質制限中のおやつの糖質量の目安は1回に10g程度。

リンツのエクセレンス90%カカオは1枚の半分(50g)食べても、糖質量は約10gです。

「今日ぐらいは、ケーキ食べてもいいよね、頑張ってるんだし!!」という日には、ケーキではなくリンツのエクセレンス90%カカオを2分の1枚食べましょう

その方が、体的にも精神的にもずっといいですよ。

←特別な日はちょっとリッチに

←普段はコレ